何事も基本が大事!テレフォンセックスの基本を伝授!

 

テレフォンセックスの基本

 

テレフォンセックスを極めるには、まずは基本的な事を知る必要がある!

 

テレフォンセックスにはどんなメリットがあるのか??

 

また、どうやってやればいいのか??

 

最低限の知識を覚えて、テレフォンセックスの世界の飛び込むのじゃ!

テレフォンセックスってなに??そのメリットって??

 

テレフォンセックスのメリット

 

テレフォンセックスとは、要するに電話にてセックスするという事であーる。

 

当たり前のことじゃな。

 

がー、しかし!電話にてセックスすることにどんなメリットがあるのか?

 

それを知らない人間は多いのである。

 

電話でセックスをするということは、まず物理的な接触が無いことを意味するのじゃ!

 

そのメリットは非常に大きい!

  1. 性病にかからない
  2.  

  3. ルックスは関係ない
  4.  

  5. 手軽にできる
  6.  

  7. 極めればセックスの快感を超える

大きなポイントとしては以上の4つじゃ!

 

その1は「性病にかからない」こと。

電話でするんじゃから、これは当然じゃな?

 

例え不特定多数の異性としても、なんら問題ないワケじゃ!

 

特に最近は新型梅毒など、様々な性病が猛威を振るっておる。

 

しかし性欲とはとどまる事を知らない暴れ馬じゃ!

 

しかも特定のパートナーが居たとしても、それだけで満足しないモンスターなのじゃ!

 

であれば、このメリットが非常に大きいことが分かるであろう。

 

その2は「ルックスは関係ない」じゃ!

これも電話でするセックスであるから、当然の事だと分かるじゃろう。

 

通常、男女がセックスをするには

互いにルックスで合格点を取る必要がある。

その狭き門を互いに通り抜けた上で、さらなるチェックを経て無事にセックスに辿り着けるのじゃ。

 

そこまでの道のりは遥か遠い・・・。

 

しかし、テレフォンセックスは言わば裏口入学。

 

ルックスなどの様々なチェック機構を根こそぎパス出来るという、強烈なアドバンテージがあるのじゃ!

 

どんなにモテない男性であっても、またどんなにモテない女性であっても関係ない!

 

しかもじゃ!

 

一般的に見て可愛い女性であっても、本人に自信が無ければ

「自分はモテない」

という自覚を持つ。

 

例えば女性が多い職場。

保育士や看護婦など。またキャバクラやクラブなどの水商売などじゃ。

これらに在籍していた場合、ルックスが一般的な女性であっても、男性に出会いが無い。

 

または他の更にカワイイ女性に男性を持っていかれて、自信が持てない。

 

こういった境遇の女性は驚くほど多いものじゃ。

 

彼女たちにとってもテレフォンセックスは選択しやすいモノになっているのじゃ。

 

なにより、テレフォンセックスを求める女性は、こういった層が最も厚い。まさにメインの層なのじゃ!

 

一生男性に相手にされなかった女性よりも、多少は経験があるものの現在は男性に縁が無い女性。

 

彼女たちこそ、テレフォンセックスを望んでおる事は覚えておくと良いであろう!

 

その3は「手軽に出来る」じゃ!

電話というツールを使うために、双方が自宅でいつでも出来る。

 

これも大きいメリットじゃ!

 

一般的にセックスをする場合、多くの準備が必要になる。

 

まずは外出の準備。

 

特に女性では、化粧など、様々な準備を必要とするじゃろう。

 

そして移動。

 

繁華街などに行って、まずは食事ということもあろう。当然ながら金銭もかかる。

 

そしてホテル。

 

コチラも金銭がかかってくる。

 

これらの煩わしいステップを踏み、漸くセックスに辿り着くのが基本の流れとなるじゃろう。

 

しかしながら、テレセは違うのじゃ!

 

いきなりプレイ開始じゃ!

 

このスピード感たるはハンパではない!

 

「ムラムラ来たら即開始」

 


これが許されるのはテレセのみと言っていい。

 

大きなアドバンテージじゃろう!

 

その4は「極めればセックスの快感を超える」じゃ!

最も重要なポイントはココじゃ!

「セックスよりもテレセの方が気持ちがいい。」

この事実をほとんどの者が知らない。

 

確かに非常にわかりにくいかもしれない。

 

が、しかし、事実なのじゃ!

 

何故このような・・・言わば逆転現象が起きうるのか。

 

それについてを解説しておこう。

 

テレフォンセックスでは様々な問題が解決される!

まず快感を得るには除外しておきたい様々な要素がある。

 

例えば「緊張」や「警戒心」、「心配」などじゃ!

 

これらは、快感を妨げる結果となる。

 

もう少し具体的に言えば、

性病や、妊娠のリスク

について考えてみよう。

 

これらのリスクが脳裏にある場合は、どうしても快感度は下がってくる。

 

特に女性は妊娠に対して強い心配を持ち、セックスでの快感が抑えられる傾向にある。

 

まだ意外とナイーブである男性は、慣れていない女性に対すると緊張感を持つ。

 

それにより快感度が下がってしまうじゃろう。

 

ではテレフォンセックスではどうであろう?

 

・・・そうじゃ!これら問題は殆ど解決されるのじゃ!

 

妊娠や性病の心配は全くない。

 

電話であるため、知らない相手でも緊張感が薄くなる。

 

双方が自宅でリラックスをしながら出来る。

見事に解決するのじゃ!

 

その他の問題についても考えてみることにしよう。

 

「興奮」は快感を得るために重要な要素であるが、興奮を妨げる要素もある。「嫌悪感」や「不快感」じゃ!

 

例えば、相手のルックス、体型の問題。

 

脱がしてみたら貧乳だった。意外と太っていたなんて事もある。

 

これでは興奮が出来ないこともあろう。

 

また、女性がマグロであったり、喘ぎ声が聞けなかったりとノリが良くない場合。

 

この場合においても、興奮は出来ない結果となる。

「せっかく口説き落としたのに。。。全然興奮しなかった・・・。」

よくある男性の嘆きじゃな(笑)

 

女性において悩みの種となるのが性交痛じゃ!

 

蓮@女性が感じるセックス

@DoreenSchwart18 ‏
セックスって不思議です。誰とするかで気持良さがまったく違ってきます。大好きな相手とするから気持いいわけではありません。彼氏とのセックスで痛い思いをしたり…

 

ナオミ‏ @naomikanehara 1月15日
乳を激しく揉まれている時、どうしても「あーっ!クーパー靭帯!クーパー靭帯が!!大丈夫かな!?!?もう少し!優しく!!」って気が散ってセックスどころじゃなくなるので乳を揉む時は優しくしようね あとなぜ君達は乳首をグニグニ押し込むんだ 痛いしそれボタンじゃないよ

 

松崎さん。‏ @1122men0515 1月14日
そもそも前戯無しセックスとかバリクソ痛いわ 動物の交尾と一緒じゃねーか。 ゴキブリ見習えよな あいつらちゃんと前戯すんだぞ。たしか

 

月兎‏ @moon_rabbit_19 2時間2時間前
処女を失ってからは家族連れとか夫婦とか見るとどうしても「あんな痛い思いして子供産みたいとか将来思えるようになるのかなぁ」って思う。ちゃんと好きな人が出来て、好きな人と愛のあるセックスなら問題ないのかなぁ。痛くないのかなぁ。痛くても、許せるのかなぁ。

 

来夢‏ @t0armin 1月16日
毎回性交痛になる 病院行ったほうがいいのかな?

 

多くの女性が痛みを隠すため、男性はなかなか気が付きにくい問題なのじゃが、あるアンケートでは実に

女性の60%以上が、痛みを感じている

とも言われる。

 

当然、痛みがあれば快感どころの騒ぎではない。

 

この問題を難しくしているのは、

痛みには個人差がある

という点じゃ。

 

人によって痛みを感じる箇所が違っていたり、痛みを感じる力加減が違っていたりする。

 

今までの経験でココなら気持ちが良いだろう。このくらいなら気持ちが良いだろうと攻めてみても、人によっては痛みを生じるワケで、その判別は初見では不可能なのじゃ!

 

痛みによって、女性のノリが悪くなると、当然ながら男性の興奮度は下がる。

 

この負のスパイラルがセックスをつまらなくさせてしまうのじゃ。

 

ではテレフォンセックスではどうじゃろうか??

 

まずは相手のルックスの問題。

テレフォンセックス時は男女とも理想の相手を想像することになる。

従って、あっさりと解決じゃ!

 

ノリや喘ぎ声などの問題。

これはテレフォンセックスである以上、双方が様々な声を出すことで成立する。

なので自動で解決じゃ!

 

性交痛の問題。

テレフォンセックスでは自分で自分を刺激するので、痛みは無い。

見事に解決じゃ!

 

このように通常のセックスにおいては問題になる点であるが、テレフォンセックスでは全てにおいて無くなる、または軽減されるのじゃ!

 

したがって快感を得やすい。

 

これがテレフォンセックスの最大のメリットと言えるであろう。

テレフォンセックスってどうやればいいの??

 

テレフォンセックスのやり方

 

さて、前置きが長くなり過ぎたが、これからは実際にどうやってテレフォンセックスをしていくかを解説していく!

 

  1. 雑談からエロトークに徐々に移行していく
  2.  

  3. 前戯をしてキモチを高めていく
  4.  

  5. オーガズムに向かっていく

 

まずは1の「雑談からエロトークに徐々に移行していく」じゃ。

初めての相手でも、知っている相手でも、まずは少々の雑談をするのじゃ。

 

もちろん、手軽さが売りのテレフォンセックス。

 

あまり長くする必要ない。

 

ただ、コチラがもうムラムラの限界で電話していても、相手の女性がそうではない場合もある。

 

更に言えば、女性がムラムラするには時間がかかることもある。

 

男のように、ただ息子を出してシゴけばそれなりに気持ちいいとはならないのが難しい所じゃ!

 

従って、徐々にエロい気分を盛り上げていく必要がある。

 

雑談トークを少々したら、徐々にエロトークに突入する。

 

「最近はエッチをしてる?」

 

「どんなエッチをする?」

 

「どんなプレイが好き?」

 

「一人エッチはする?」

 

「大人のおもちゃとか使ったことある?」

 

「エッチでイッたことはある?」

内容は相手とのトークの流れで決めていけばよい。

 

相手のが乗ってきたら、その話題を掘り下げても良いだろう。

 

そうして女性がエロい気分になれば、実際にテレフォンセックスをした時に相手の反応も良くなる。

 

相手の反応が良ければ、当然、我々も興奮する。

 

そう!自身の為にも、このステップは必ず踏む必要があるのだ!

 

もしツーショットダイヤルを使うのであれば、相手の女性もムラムラした状態で電話してくるのでほぼ必要はないと言えるが、その必要性は必ず覚えておくべきじゃ!

 

2は前戯じゃ!

セックスと同じく前戯は重要じゃ。

 

そして前戯こそ、テレフォンセックスで

最もテクニックを必要とする場面

と言って良いじゃろう。

 

理想的なのは相手の性癖を見極める事じゃ!

 

どういったプレイが興奮するのか?を理解すれば、相手を手玉に取ることが可能になる。

恋人のような甘いプレイが良いのか?

 

SMチックに攻められたり攻めたりしたいのか?

 

イメプレ好きで、シチュエーションプレイがいいのか?

 

指示オナニーされたいのか?

                 

雑談時のエロトークに相手の性癖のヒントが隠されていることも多い。

「どんなエッチが好きなの??」

など、直球の質問を投げてもいいじゃろう。

 

それに合わせて巧みにプレイをすることが出来れば、その後、おぬしのテレフォンセックスにハマり、夜な夜な電話してきたりもする。

 

会ったことない相手であれば、実際に会いたいと言い出すことも多い。

 

いずれにしろ、電話でエッチする以上、言葉が唯一の手段となってくる。

 

様々な言葉責めの種類、またパターンを覚えておく必要はあるじゃろう!    

 

またテクニックも重要となる。

 

特に「焦らし」については、非常に効果的なのでコチラを見て是非覚えておくと良いじゃろう!

 

参考:論文その3女性コントロール術!「焦らしプレイ」と「言葉責め」を駆使!

 

3、はオーガズムに向けてじゃ!

前戯と同じようなものだと考えがちじゃが、違いはある。

 

それはイク時は互いに集中したいという事じゃ!

 

まさにイクっという時は、出来るだけ集中したいじゃろう。

 

そんな時、答えるのが難しい質問を相手に投げかけてはならん。

 

×「どうして欲しい?」

 

×「アソコはどうなってる??」

こういった質問は頭を使わねばならず、邪魔になる。

 

しかしテレフォンセックスをしている以上、何かしら音声が必要となろう。

 

なので、質問がどうしても欲しいなら、YSEかNOで答えられるような質問に限る。

 

例えば、、、

〇「イキそう??」

このくらいであれば、「うん」と答えるだけで済むので問題はないじゃろう。

 

あとは自らの身体の状態を勝手に言うのであれば良い。

 

その場合は、頭に勝手に浮かぶことを言えばよいので、そこまで頭は使わない。

 

「きもちいい」

 

「イキそう」

 

「もうダメ」

 


こういった言葉を勝手に相手に伝える分には言う方も負担にならず、また、聞く方もスパイスになるだけで、決して負担にはならんのじゃ!

 

このように、互いに相手のオーガズムの邪魔にならないように配慮するのが、この段階で重要な事だと言えるじゃろう!

まとめ

 

まとめ

 

以上、手始めとしてテレフォンセックスのメリットやそのやり方を伝えてきた。

 

しかしこれは、まだまだ準備論文の段階じゃ!

 

今後の記事で、相手を自由自在に操るコツや、自らの快感をアップさせる方法などを伝えていく。

 

それらを叩き込み、実践していく必要があろう!

 


PAGE TOP